講師一覧


安藤孝浩

経歴
1991 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2004 東京藝術大学絵画科油画 教育研究助手
2007 上野タウンアートミュージアム(東京藝術大学・台東区)事務局
2009-2012 東京藝術大学非常勤講師
宇宙航空研究開発機構(JAXA)とのコラボレーション文化・人文社会科学利用パイロットミッション『お地球見』 ISS国際宇宙ステーションにて実施
2016-2019 東京藝術大学非常勤講師
個展
1996 「Temperature is measured. “Room toward the silence”」Gallery GUBAKU、埼玉
2004 「安藤孝浩《光子を数える》」MUSEE F、東京
2009 「フォトン展」個展 Art Center Ongoing、東京
「安藤孝浩 個展」 表参道画廊、東京
グループ展
1991 「ボイスを考える部屋」ワタリウム美術館、東京
2001 「Art Scholarship Contemporary Art Works 2001」exhibit LIVE-II、東京
「第2回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」スパイラル/ワコールアートセンター、東京
2002 「LUMINAS/光の振幅」表参道画廊+MUSEE F、東京
「第3回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」スパイラル/ワコールアートセンター、東京
「フィリップモリス K.K. アート アワード2002:ザ・ファースト・ムーヴ」東京国際フォーラム、東京
2003 「第4回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」スパイラル/ワコールアートセンター、東京
2004 「旧細淵ビル展–9人の展覧会」細淵ビル、東京
「ネクスト:メディア・アートの新世代」NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京
2005 「Ongoing vol.04 よんで みて みて」BankART Studio NYK、神奈川
「スピcafe 2展」SPICA art、東京
「Paper Bridges–折り畳まれた場所」CAST、タスマニア、オーストラリア
「平成16年度(第8回)文化庁メディア芸術祭」東京都写真美術館、東京
2006 「眩暈(めまい)の装置:松本俊夫をめぐるインターメディアの鉱脈」川崎市市民ミュージアム、神奈川
「安藤孝浩+志水児王 二人展」表参道画廊、東京
「現象からの新しいかたち展–再構築芸術へのいざない」和田画廊、東京
「平成17年度(第9回)文化庁メディア芸術祭」東京都写真美術館、東京
2007 「サイレント・ダイアローグー見えないコミュニケーションー」NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京
「アンデポンタンArt Week in Wako」和光大学、東京
「サスティナブルアートプロジェクト2007 -事の場-」旧坂本小学校、東京
「アレぢごく」青梅織物工業共同組合、東京
「CrL / storehouse 志水児王+安藤孝浩」鏡山酒造跡地、埼玉
2008 「サスティナブルアートプロジェクト2008 -事の縁-」旧坂本小学校、東京
2009 「サスティナブル・アートプロジェクト2009 -閾-」旧坂本小学校、東京
「表参道画廊+MUSEE F 開廊10周年記念展」表参道画廊、東京
「東京藝術大学 油画教員展」日本橋高島屋、東京
「神戸ビエンナーレ2009」神戸メリケンパーク、神戸
「アリスミュージアム2009」 SOMA美術館、韓国
「フォトンフェアー2009」㈱浜松ホトニクス総合展示会  アクトシティー浜松、静岡
2010 「絵画思考 -油画現職教員展-」東京藝術大学、東京
「拡張された感覚」Gallery Loop, 韓国
2011 「下町で発生した見世物、エスプリ展」すみだリバーサイドホールギャラリー、東京
「文化庁メディア芸術祭 巡回企画展 in 宮崎」みやざきアートセンター、宮崎
2014 「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」(東京都現代美術館)/ 2013「六本木アートナイト2013 TRIP 今日が明日になるのを目撃せよ。」(六本木ヒルズ毛利庭園)「浜松ホトニクス60周年感謝ウィーク 光と遊ぼうinソラモ」(ソラモ浜松市ギャラリーモール)
受賞
2008 01SJ Prix Green for Environmental Art(アメリカ) ノミネート
2009 神戸ビエンナーレ グリーンアート展 奨励賞

主要参考文献

2002 『フィリップモリス K.K. アート アワード2002:ザ・ファースト・ムーヴ』フィリップモリス株式会社、pp.78-79
2004 『ネクスト:メディア・アートの新世代』 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、pp.33-36
2007 『サイレント・ダイアローグー見えないコミュニケーションー』 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、pp.64-69 pp.89-90
2010 『 Art + Science Now 』 Thames & Hudson出版 Stephen Wilson [著] pp.93
2011 『ASIAN POINT CONTEMPORARY ART MAGAZIN VOL.3』 The Center of Visual Art boda, pp.132-pp.137

内垣八重子

経歴
2002 女子美術大学芸術学部洋画専攻 卒業
入選歴
2015 第74回水彩連盟(国立新美術館)

佐々木あかね

経歴
2013 北海道教育大学芸術課程美術コース油彩画研究室 卒業

戸屋勝利

経歴
1992 東京藝術大学大学院工芸科 修了
1992年より全国百貨店、画廊にて60回以上の個展。
東武池袋22回、東急日本橋5回、大丸東京3回、東武船橋10回
その他大丸心斎橋、大丸神戸、横浜そごう、他多数
歴史小説装丁画
2007 戸屋勝利作品集「安土日和」を限定販売
2007~2008 日本経済新聞連載小説「内田康夫/地の日天の海」の挿絵を担当。
「井上靖/風林火山」
「秋山駿/信長」
「安部龍太郎/天下を謀る」
「佐々木譲/天下城」
「藤田達生/信長革命」
「司馬遼太郎/馬上少年過ぐ」
他多数。
コレクション
清州城、伊勢神宮、三峰神社、(株)HORIBA、(株)セントグレースガーデン、他多数
専門カテゴリー
デッサン・日本画・水彩画・ミクストメディア

中村 亮一

経歴
2002 東京造形大学 造形学部美術学科 絵画専攻 入学(2004年ベルリン長期滞在を理由に退学)
2006 ベルリン・バイセンゼー芸術大学 カタリ−ナグロス教授、聴講生
スカラーシップ
2013~2014 ホルベインスカラシップ(東京)
2015~2016 ポーラ美術振興財団 若手芸術家 在外研修助成(ニューヨーク、ロサンゼルス)
個展
2012 “世界は静かにNOと言い始める” LIXIL GALLERY, Gallery 2 (東京)
2013 ギャラリー椿 (東京)
2015 “想起” KOKI ARTS (東京)
2016 “混乱するユートピア” Parenthesis Art Space (ニューヨーク)
2016 “混乱するユートピア” KOKI ARTS (東京)
2018 ギャラリー椿 GT2 (東京)
2019 “移民” EUREKA (福岡)
2020 “移民” KOKI ARTS (東京)
主なグループ展
2007 “中村亮一&Melissa Steckbauer”, Gallery Waschhaus (ベルリン)
2009 “Somebody”, Lunch Project, Toronto School of Art (トロント)
2011 “Japan Congo”, Garage Center for Contemporary Culture (モスクワ)
2016 “Untitled (Affection)”, Parenthesis Art Space(ニューヨーク)
2016 “Parallel Lives: Chicago”, Zhou b Art Center (シカゴ)
2016 “井上光太郎 & 中村亮一” 伊日藝術 (高雄/ 台湾)
2019 “Leavings. Four studies in anti-portraiter” フォーダム大学(ニューヨーク)
2019 “星座を想像するように−過去−現在−未来”, 東京都美術館(東京)
受賞
2011 アーティクル賞 グランプリ(東京)
2014 岡本太郎現代芸術賞 入選(東京)
パブリックコレクション
ビル&メリンダ・ゲイツ財団(シアトル)

福嶋さくら

経歴
2010 武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科 卒業
2012 武蔵野美術大学大学院 造形研究科 美術専攻 油絵コース修了
個展
2011 from yesterday(Bambinart Gallery/東京)
2012 blue background(Bambinart Gallery/東京)
2016 あしたはさかのぼる (つなぎ美術館/熊本)
2017 一編 (WHITE SPACE ONE/福岡)
主なグループ展
2013 Recto emotion-刺繍表現に見る今日の作家達-(日本橋髙島屋美術画廊/東京)
奄美を描く美術展(田中一村美術館/鹿児島)
2015 イチハナリアートプロジェクト(沖縄)
2016 シークレット・ドア(Tir na nog gallery/東京)
2017 美の鼓動 九州クリエイター・アーカイブvol.2(九州産業大学美術館/福岡)
MABOROSHI EXPERIMENT-マボロシ実験場-(佐賀)